留学・ワーキングホリデー・海外生活・オンライン留学(英会話)
LIFE ABROAD 0円留学 無料 手配・相談 / 格安留学|全国・名古屋駅前

0円留学、無料留学カウンセリングのご予約や電話相談は ☎10時~21時 お問合せメールは24時間365日受付しております。
☎:052-766-6146

HOME ≫ 体験談/フィリピン ≫

体験談 フィリピン

帰国者体験談 フィリピン・バギオ WALES

フィリピン・バギオ

学校名:WALES

帰国者アンケート・体験談です!

 

○お名前

 Alex

○年齢・性別・職業

 21/F/university student

○渡航国・都市・学校名・コース名・渡航日・期間・どの空港から出発

フィリピン・バギオ・WALES・ESL・2018年9月1日・16週間・中部国際空港・マニラ空港 

 

○今回なぜ留学を決意した?またなぜ弊社をご利用しましたか?

 海外の大学に編入するため。カウンセリングを受けて他社よりも親身に考えて自分の用途に合った学校を選んでくれたから。

 

○到着当日の感想(気温や景色・学校・寮の第一印象や雰囲気・緊張や意外と初日から楽しんだ等々)

 Manilaは予想以上に蒸し暑かったです。自分の運が悪かったのかピックアップバスが大幅に遅れ8時間くらいManilaのターミナル2で待ったのを覚えています。Manila terminal2には買い物できる場所が限られてるので時間を潰したい方は terminal3に行った方がいいと思いました。Baguioは肌寒い程度で蒸し暑いと感じた事はなかったので私にとって過ごしやすい都市でした。でも丁度時期が雨季だったので9月いっぱいは毎日雨でした。寮と学校が一緒の建物にある事がとても便利で1番の魅力じゃないでしょうか。遅刻することなんて不可能なレベルの近さです。ちなみに私の部屋はクラスルームから1分くらいでした。なぜなら同じ階にあったからです。そして初日、私はすぐに海外の友達が出来たので運が良く、英語をすぐに使わないといけない環境にあり、伝える事にとにかく必死でした笑笑

 

○授業はどうでしたか?

 私に英語を教えてくれた先生はとっても気さくな方達ばかりで自分が聞き取れなかったり知らない単語が出たらピックアップして教えてくれたり言い換えたりしてくれました。スピーキングの授業でも自分が言いたいとしている事を汲み取ってもしかしてこれのこと?なんて自分の代わりに文章を作ってくれたりしました。あと先生は生徒の授業の要望に何度も答えてくれます。例を挙げると私の場合、発音にストイックになってたので、自分がある程度テンポよく話せるようになった時に、違う発音を自分がしたら指摘してほしいと言いました。私の友達の場合、自分の話す英会話が文法通りに言えているか、言えていなかったら指摘してと要望してました。何にフォーカスして授業を進めるか自分で選ぶ事ができる。また自分は文法をもうある程度押さえていたので文法の授業をすぐさまスピーキングに変えたり柔軟に自分の時間割を組み直していました、これこそマンツーマンの良さなのかもしれません。でも誰もが良い先生であるとも言い切れません。これは日本でも同じ事だと思います。

 

○ホームステイ・学生寮はどうでしたか?

 私の場合、2人部屋のシェアルームでしたが、思った以上に広くて綺麗でした。あと、2人部屋を選んだおかげで部屋のフロアが丁度教室と同じフロアだったのでとても便利でした。(1分もかからずに教室に着く事ができますし!)学校のクリーンシステムが変わる前は毎日クリーナーが私達生徒の部屋を掃除してくれましたが今では週2のペースになり、最初はちょっと嫌でしたが生活してたらいつのまにか気にしなくなっていました笑

ほとんど快適に過ごせましたが強いて言うなら信じられないほど大きな蜘蛛が2回もでたのと、ゴキブリの死体を2回ほど発見した事ですかね…でもこれでも良い方だと自分では思いました。なぜなら先生が、ゴキブリなんてフィリピン何処にでもいて当たり前。と言ってました。彼らはレストランにゴキブリが出ようが驚きもしません。お分かりいただけますか?そんな感じです笑  でも学校内でゴキブリ発生は長期滞在しても各部屋0〜2回程度じゃないでしょうか、多くはなかったです。

 

○ほかの生徒とのコミュニケーションはどうでした?

学校内に食堂があるので気軽に色んな生徒と話せる環境にあり、とても楽しかったです。

 

○現地に行って初めて気づいた事・困ったこと(文化の違い、食事、持っていけばよかった物など)

ここは箇条書きで書かせてください。

初めて気づいた事、困ったこと。

•ショッピングモールのトイレに便座がない笑

•食事、特にフィリピンのスープはとっても酸っぱかった
•車やバイク、トラックなどの排気ガスがすごい
•タクシーがとっても安い
•学校のお箸は韓国のお箸(木でなくメタル製)だったので使い慣れるのに時間がかかりました。
 
持っていけばよかったもの
•面白い日本のグッズ(e.g.ポケモンキャラとかがプリントされたフェイスパック)
•手軽に持っていける日本食(e.g.インスタントスープ)余ったら先生達へのプレゼントに最適
•レターセット(可愛いレターセットを探すのに苦労しました。目的は友達が学校を卒業する時に手紙を書いてプレゼントと一緒に渡すため)
•録音機(私も忘れてiPhoneのアプリを使いましたが毎日録音するので容量が足りなくなって、やもなく消去しました。目的は自分の最初のレベルと今のレベルを比較することができたりどれだけ喋れてないか発音はどれほど汚いか再確認するのに便利)
•のど飴(時期にもよりますが私が行った時期はとても乾燥していて、同じ階に住んでいた生徒私を含めたなんと全員が喉の調子が悪くなり終いには声が出なくなる状態になり、((なんかカオスでした笑))フィリピンののど飴を買っても薬を飲んでも中々治らなかったです。)
•ブランケット(勉強机がバルコニーにあるので夜に勉強するとなるととても寒いです。学校の布団を使うには大きすぎるのでちょうどいいサイズのブランケットが自分には必要でした)

•swimsuit or swimwear (フィリピンにも売っていますが中々可愛いと思えるものがなかったです。)

 

○印象に残っていること(なんでも結構です)

 1番はサーフィンをしに海に行ったことですかね笑。

sunjuanはサーファーの中でも穴場だと聞きました。たしかにオーストラリアほどそんなに人は居ませんし、そんなにめちゃくちゃでかい波も来ないのでビギナー向きの場所だなと思いました笑。日本でいう海の家みたいなところには日本食もありました。インストラクターをつけたとしてもものすごい安い値段です。是非サーフィンをしたい、気になっている方にオススメしたい場所です。

 

○放課後や休日は何をしていましたか?どんなアクティビティやどんなリフレッシュを?遊びはなしで外出のみでも。

 私は8コマ授業を取っていましたが別に辛いと感じることは一度もありませんでした。なのでリフレッシュとは言えないのですが…毎週金曜日は友達と外食したり飲みに行ったりしていました。そこで色んな方と仲が深まったような気がします笑

特に今では親友の韓国人の友達とはサシで5時間以上Barで話をした事もありました、とっても楽しかったです。週末はショッピングをしに行ったりブランチをしにカフェに行ったりしました。中でもWales 近くのQUATEDっていうカフェは本当にオススメです。安い値段で美味しい食べ物が食べれます。もう行きすぎて店員さんに顔を覚えられるほどです。笑

 

○帰国後思うことは?

 台風が来たりと生活の面で大変な事は多少なりともありましたが全部ひっくるめて楽しい思い出になりました。

 

○次の留学の予定はありますか?

 未定です。でも観光で友達に会いにオーストラリアへ行こうと思っています。

 

○これから渡航される方へのアドバイス、その他なんでも思うことをご記入ください。

 留学に行く目的を定める事が英会話を上達させる近道だと思います。意外にも"なんとなく"っていう方が多かった気がします。

 

○弊社担当スタッフの対応・カウンセリング・知識はいかがだったでしょうか?

 とても親身になっていただいて、とっても助かりました。見慣れない場所でいつでも連絡を取り合えるっていうのはとても凄い事だと思います!私の場合ピックアップのバスの件でお世話になりました。笑

御社の魅力の1つだと思います。他社だと8社くらいカウンセリングを受けましたが実際どの会社も予算に合わせた学校選びしかしてくれなかったです。(でもまぁ予算も大事ですからね…分からなくはないのですが…)定期的に進行状況などを気にしてくださる点も有り難かったです。もし嫌な事があったらその都度相談できますし!

 

○その他、お気付きの点など何でも結構です。

 自分の英会話の勉強法で気づいたことが1つあって、最初は英訳しようとしてこれ英語でなんて言うんだろとその都度分からない単語を辞書で調べていました。たしかに語彙力って大切だと思います。でも自分が重視しているのはスピーキングだったので毎回毎回分からない単語を調べる事は最初の段階(英語が全く喋れない段階)でしてもあまり上達しないなとわかり途中でやめました。自分は高校レベルまでのボキャブラは持っている自信があったのでそれを使ってどうやって分からない単語を説明するかに重点を置きました。それから右肩上がりに点数が伸び最後は80点近くのスピーキング力を手に入れました。なのでこの方法は自分にとって成功法だったなと感じました。

あとこれは本当かどうかわからないのですが、Wales に10年以上勤めてる先生が言っていた話なのですが、彼は10年間生徒を見てきて、学校に来て3ヶ月目が生徒にとって1つの壁だと彼は話していました。つまりどういうことかと言うと彼曰く、大抵3ヶ月だけ語学学校を通った生徒は母国語と英語が頭の中で混ざり合って混乱して終わると言っていました。彼の言葉を信じるなら3ヶ月以上の滞在をオススメします。

 

フィリピン・バギオ WALES 学校詳細はこちら:

https://lax-s.com/WALES.html

 

インタビュー☆フィリピン・バギオ 学校名:BECI 2019年1月

体験談・インタビュー

フィリピン・バギオ

学校名:BECI

 

【プロフィール】

名前:Aさん
年齢:25歳
出身:北海道
コース選択:BECI The Cafe SPEED-ESL
寮お部屋タイプ:4人部屋
留学経験:大学在学中にイギリスへ短期留学
海外旅行経験:数回
フィリピン滞在経験:無し、今回が初
留学前の英語レベル:一般会話程度
留学前の英語学習頻度:大学卒業後特に無し

 

【英語語学留学のきっかけは何ですか。】

将来、外国でお仕事をしたり、生活をしたいと考えていることがきっかけでした。

 

【英語留学でバギオを選んだ理由はなんですか。】
治安が良いこと、また代理店さんからおススメを受けたということもありバギオに決めました。

 

【BECI the Cafeを選んだ理由を教えてください。】
実は、バギオ留学を決め、学校BECIのメインキャンパスが第一候補だったのですが、満室で難しく、BECIthe Cafeに来ることを決めました。
ですが留学が始まってみて、とても居心地良く、メインキャンパスへ移動したいという気持ちは特に無く、3ヶ月の留学をBECI the Cafeにて送ることが出来ました。

 

【本校の授業を受けてみて、いかがでしたか。】
とても満足しています。特に1:1授業でSpeakingをかなり伸ばすことが出来たのではないかと思います。

イギリス留学時、グループクラスではなかなか自分から発言することが難しく、いつも聞く立場となってしまいましたが、1:1クラスでは、発言する機会が多く、とても会話力の向上が出来たのではないかと思います。

先生たちはとてもフレンドリーで、3ヶ月間一度も変更せずに授業をとりました。

 

【授業担当講師陣はいかがでしたか。】

とてもフレンドリーな先生たちばかりで、留学当初からも親しみやすく、3ヶ月同じ先生の授業を受講しました。

 

【寮の食事はいかがでしたか。】

おもっていたよりはアジア人向けで食べやすかったです。

そこまで辛い料理が多いとかもなかったので困りはしませんでした。

もう少し日本の料理を増やしてほしいなと感じました。

 

【4人部屋での寮生活はいかがでしたか。】
最初は不安でしたが、友達と仲良くなるきっかけになれたので、慣れてからはルームメイトと楽しく過ごすことができました。

ルームメイトは、韓国人と台湾人でした。

 

【友人関係でつらかったことはありますか。】

逆に日本人が少ないことによってほかの国籍の友達が沢山増え、英語を使う機会にもなったので、留学生活で友人関係で悩んだことは一度もありませんでした。

 

【授業がない週末は、旅行などにいきましたか。】

普段は週末は、友人とショッピングや外食をしてましたが、2回ほど旅行に行きました。

1つは、バギオから3時間ほどのハンドデットアイランドというところでバナナボードを楽しみました。

バギオ市内には、日本食料理屋さんもあるため、週末には何度か足を運んだことがあります。

 

【卒業後の進路を教えてください。】

一度、地元の北海道に帰り、オーストラリアかニュージーランドへワーキングホリデーに行く予定でいます。

 

ご協力いただきありがとうございました!

 

BECI The Cafe 詳細ページ:https://lax-s.com/BECI_The_Cafe.html

 

BECI 学校詳細ページ:https://lax-s.com/BECI.html


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

インタビュー☆フィリピン・バギオ 学校名:Baguio JIC 2018年12月

今回は、IELTS目標スコア獲得コースにてBaguio JICに3ヶ月ご留学してくれたTATSUさんの留学体験談をご紹介いたします。


 

インタビュアー:Baguio JIC Takashi  Mr


 

海外のホテル で働いてみたいことから、IELTSを勉強しようと思ったそうです。

日本人スタッフが直撃インタビューしました。ご覧下さい。

 

海外のホテル で働いてみたい
TATSUさんの留学体験談


 

・留学される前は日本で何をしていましたか?

外資系のホテルで働いていました。


 

・英語はすで使われていたのですね?

はい。大学時代にTOEICを学習をしていたので、リーディングとリスニングは慣れていました。


 

・そうなんですね。じゃあ、英会話もそれなりにできていたと?

それが、思ったようにスピーキングができなくて。。。

いわゆるインプット(読む・聞く)には長けていたのですが、アウトプット(書く・話す)がだめだめでしたね。

なので、留学しないとアウトプットは鍛えられないと思い、仕事を退職して留学しようと決めました。
 

 

フィリピン バギオ留学 Baguio JIC 卒業生インタビュー Tatsu 1 名古屋・岐阜・大垣 留学エージェント_コピー


 

・フィリピン留学を選択した理由はなんでしょう?

【費用】と【マンツーマンクラス】が豊富なところです。


 

・IELTSを学びたいと思った理由を教えてください。

大学を出た時には、すでに海外でのホテルで働いてみたいとは思っていました。

さきほど言ったように日本にある外資系ホテルで働いてみたんですが、やっぱり本場で活躍したいなと。。。

そのワクワク感に従っていたら、いつのまにかIELTSについて調べていたんです。


 

・なぜ、Baguio JICをお選びに?

最初は自分で調べていたんですけど全然わからなくって。。。セブ、マニラ、バギオなどたくさんあるじゃないですか。

なので、留学代理店に相談したところ、「バギオ」を勧めて下さいました。特に、【治安の良さ】と【気候の涼しさ】は他の地域と比べてもバギオにしかないということがよくわかりました。

バギオに絞ったのち、マンツーマンスタイルでIELTSカリキュラムを構成しているBaguio JICを紹介してくれたのがきっかけです。

これだけの授業量があるうえに、値段も格安なところがよかったです。


 

・しかし、フィリピンに対して悪いイメージは持っていませんでしたか?

実は、持ってました・・・(笑)

正直に言ってしまうと、テロやスリしかないというイメージしかなかったです。

しかし、実際にバギオにきてみると代理店の説明通りで、治安の良さを感じれました。


 

・IELTSを学習している中で、ここが苦労したなという点はありますか?

スピーキングですね。最初はお手上げ状態でした。。。

特に、普段考えていないような問題が出たりすることに四苦八苦していましたね(泣


 

・それは、どんな問題でしょう?

例えば、「もし、あなたがアプリケーションを作れるなら、どんなアプリケーションを作りますか?」といった質問です。

結局、言葉に詰まってしまって解答できなかったんですね。。。

担当講師の模範回答は、「元々あるアプリケーションの名前を出して、より改善したものを作ってリリースさせる」ということを教わりました。あ〜なるほどなと。まだまだ修行不足です。

最終的に、スピーキングスコアを3.5から5.0まで伸ばせることができたので素直に嬉しいです。


 

・IELTSは機転が利いた回答ができるかどうか、知識の豊富さも問われますよね?

はい。Takashiさんの言う通りです。

まず、様々な情報に触れることが大事だと思います。自分の興味あること以外も。。。

加えて、IELTSはイギリス英語がメインになりますので、BBC(イギリスのニュース番組)などを聴いて、ブリティッシュサウンドに慣れておくことが必須かと思います。


 

フィリピン バギオ留学 Baguio JIC 卒業生インタビュー Tatsu 3 名古屋・岐阜・大垣 留学エージェント_コピー


 

 ・ふと思いましたが、これまで日本で受けてきた教育の中で【幅広く関心を持たせる】機会なんてあったでしょうか?

そう言われると、なかったです。

日本だと教科書に沿って授業するだけで終わり。テストも内容を暗記して答えるだけですよね。

暗記力向上には貢献するかとは思いますが。。。

個人的な意見ですが、「ある問い」に対して多様な答えを導く・認めるという概念が抜けているかと思います。想像力が豊かにならないといえば良いでしょうか。あれ、なんでですかね。。。

 

他に日本はちょっとここがおかしいと思うことありますか?

ありますね。

例えば、外食でレストラン等に行った際、「日本はやりすぎだな」って思います。

なんだろう。サービスはとても良いんですけど、【個性】を感じないんですよ。

「規則に従って仕事してるだけだな、この人」という雰囲気を感じざるを得ませんね。

 

 

Baguio JICでの評価を10段階とするとどのくらいでしょうか?

7点/10点という評価をさせてください。

というのも、先生から英語の勉強だけでなく、私生活に関してもいろいろとアドバイスを頂けたことがとても印象に残っています。すごくよかったですよ。


 

・ご卒業後は何かプランはありますか?

カナダにワーキングホリデーで行く予定です。もちろん、IELTSも引き続き学習していきますよ。

ゆくゆくは、コミュニティカレッジに入学・卒業したのち、カナダで勤務したいと思います。


 

・最後に、フィリピン留学でIELTSに挑戦したい人にメッセージをお願いします!

IELTSはTOEICと違って難しいです。

留学前にIELTSの問題形式など少し触れておくだけでも留学中の学習効率は違ってくると思います。

TOEICであれば700点以上はないと厳しいです。実際に、私がTOEIC720点を持っていたのですが、それでもIELTSの学習に苦労していますので。。。まだまだスタート地点ですよ。。。

なので、いきなり英語初心者がIELTSに挑戦するのは無謀ですので、Baguio JICで基礎を鍛えてからIELTSに挑戦されるべきだと思います。

 

フィリピン バギオ留学 Baguio JIC 卒業生インタビュー Tatsu 4 名古屋・岐阜・大垣 留学エージェント_コピー



 

まとめ

TATSUさんのインタビュー記事はいかがでしたでしょうか。

大学時代から英語には触れていたものの、日本では英語を話す機会が少なかったTATSUさん。

しかし、Baguio JICでの留学をきっかけに夢が現実へと一歩近くなった様子です。

このまま自分の「夢」に突っ走ってほしい!

TATSUさんインタビューにお応えしていただきありがとうございました。

 

 

Baguio JIC 学校詳細ページはこちら

https://lax-s.com/Baguio_JIC.html

 

フィリピン留学・バギオページ

https://lax-s.com/baguio.html

 

フィリピン留学ページ:

https://lax-s.com/philippines.html

 

お問い合わせ:https://lax-s.com/contact.html

インタビュー☆フィリピン・バギオ 学校名:Baguio JIC 2018年11月

卒業生インタビュー

インタビュアー:Baguio JIC 日本人スタッフ

フィリピン バギオ留学

語学学校:Baguio JIC


 

今回、Baguio JICに6週間ご留学していただいたRさんにお話を伺いました。

「ハーフだけど英語が話せるようになりたい・・・」
そんな純粋な想いを持って、Baguio JICにご留学されました。そのおかげで、英語に対するコンプレックスが和らいだそうです。

では、早速インタビュー内容をみてみましょう。

ハーフだけど英語が話せるようになりたい


 

・日本では何をされていたのでしょうか。

留学をしたいためにアルバイトでお金を貯めてきました。


 

・なぜ、留学をしたいと思ったのでしょうか。

単純に英語を話せるようになりたくて。。。

実は、私の片親が外国人なんです。

(ということは、ハーフなんですね?)

そうです。

父がカナダ人で、母が日本人です。


 

・ハーフでありながら、英語の勉強が必要だったのでしょうか。

日本で生まれ、日本で育ったので英語を使うことはほとんどなかったです。ある時から、ハーフなのに英語が話せないという悩みを抱えていました。

世間だと、「ハーフの人は英語がペラペラだ」みたいな偏見があるのも嫌で。。。

だから、英語が話せるようになりたいと思っていました。


 

・フィリピン留学を選んだ理由を教えてくれますか。

カナダやオーストラリアといった国と費用を比較した時に、フィリピンの方が断然値段が安いこれに尽きます。

あと、その上マンツーマン授業も豊富なところに惹かれました。

どうせやるなら、しっかりと英語を学びたかったからです。


 

・どうしてBaguio JICを選んだのでしょう?

フィリピンには、あまりにも学校数が多くて学校選びに迷っていました。

それで、留学代理店に「将来は、オーストラリアへワーホリで行くことを考えている」と伝えたところ、Baguio JICをご紹介してくれました。

6週間と決して長くない留学期間ですが、専門コースである【ワーホリ対策クラス】と基礎的な学習ができる【バランス重視コース】を組み合わせてのプランを教えてくれたんですね。

英語の勉強ができて、更にワーホリについても学べると思ったら、なんだかやる気が湧いてきたんです!
 

 

・JICでの留学生活に不安はなかったですか?

最初、お部屋は綺麗だろうかと心配していたんです。でも、住んでみると清潔感もあり安心して生活できました。

ただ、WIFIは遅いかなと思います。フィリピンなので仕方がないと思いますが。。。

 

・休日はどのように過ごしましたか?

ラ・トリニダットという都市(バギオの隣)にある、カラフルな家がある観光エリアに行きましたし、バギオ市内のセンターモール最上階にあるボーリング場で留学仲間とワイワイしてました。

あと、ナイトマーケットは掘り出し物がたくさんあります。

買い物好きなら一度は行って欲しいです。 

 

(へぇ〜。例えばどんなものが?)

それは、靴です。くつ!

靴好きな人なら本物の靴がわかると思います。とにかく安く靴が手に入ることにびっくりしました!
 

 

・ワーホリ準備コースでは何をされましたか?

現地での銀行口座開設方法やTAXファイルナンバーの申請方法、現地の携帯電話使用方法、レジュメの書き方などを教わり、知らないことがたくさんあることに気づけました。

また、ワーホリ失敗談を聞けたことが特に良かったです。


 

・どんな失敗談が印象に残っていますか。

「日本人はメンタルが弱いから、現地の人と何か上手くいかないことがあると帰国してしまう」ということを聞いたことです。

なので、先生からは「ちょっとのことで、凹んだらダメよ!」って気合を入れられました(笑)
 

 

・なぜ、オーストラリアでのワーホリを考えたのでしょうか。

ワーキングホリデービザが簡単に取れるからです。オンライン申請して約2時間後にはビザを取得できます。

本来は、イギリスへのワーホリを考えていましたがビザの取得が難しいというのもあって。。。

ゆくゆくは、挑戦したいなと思います。


 

・ワーキングホリデー中に実現されたいことありますか?

現地に行かないとなんとも言えませんが、ワーホリクラスの先生にあるアドバイスをもらいました。

それは、「Working Holidayだから、遊びも仕事も充実させないとワーホリに行く意味がない」と言われたことです。

確かに、先生の言う通りだなと思いました。将来的には、いろんな国に行きたいです!


 

・留学前の自分と留学後の自分を比較してみて、何か違う点はありますか?

元から行動力はある方だと思っていましたが、留学生活を経験してからより自分が行動力を持つようになったと思います

Baguio JICに留学したことで【英語が話せない】コンプレックスから少し解放されたおかげだと思っています。


 

・最後に、フィリピン留学を考えてる方にメッセージをお願いします。

同じアジア圏でこれだけ英語が話せる国はそう多くありませんので、同じアジア人としてフィリピンに留学することは、日本人にとって英語の大切さを知れる良い機会だと思います。

また、Baguio JICは1キャンパス最大でも70名までなので、ほとんどのグループクラスが受けられることも大きなメリットだと思います。

ぜひ、行動して欲しいです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

Rさんの卒業インタビューをご覧になって、フィリピン留学をしてみたいと思った読者の方もいるのではないでしょうか。

「とにかく動いてみることが大事!」

彼女のインタビューから改めて【行動の大切さ】を知ることができました。Baguio JICに留学をお考えの方は、留学代理店様へご相談してみて下さい。

Rさんインタビューにお応えしていただきありがとうございました。

 

 

Baguio JIC 学校詳細ページはこちら

https://lax-s.com/Baguio_JIC.html

フィリピン・バギオ 学校名:CNS2 在校生インタビュー 2018年8月

フィリピン バギオ留学

学校名:CNS2

特徴:IELTS に特化している語学学校です。

海外の大学を希望されている生徒さんはIELTSの点数を取ります。

IELTS高得点のカリキュラム・ノウハウはフィリピンNo.1だと思います。

 

フィリピン・バギオ留学 CNS2 の学校詳細はこちら

https://lax-s.com/CNS2.html

フィリピン・バギオ 学校名:CNS2 在校生インタビュー 2018年7月

フィリピン バギオ留学

学校名:CNS2

特徴:IELTS に特化している語学学校です。

海外の大学を希望されている生徒さんはIELTSの点数を取ります。

IELTS高得点のカリキュラム・ノウハウはフィリピンNo.1だと思います。

 

フィリピン・バギオ留学 CNS2 の学校詳細はこちら

https://lax-s.com/CNS2.html

フィリピン・バギオ 学校名:CNS2 在校生インタビュー

フィリピン バギオ留学

学校名:CNS2

特徴:IELTS に特化している語学学校です。

海外の大学を希望されている生徒さんはIELTSの点数を取ります。

IELTS高得点のカリキュラム・ノウハウはフィリピンNo.1だと思います。

 

フィリピン・バギオ留学 CNS2 の学校詳細はこちら

https://lax-s.com/CNS2.html

フィリピン・バギオ 学校名:Baguio JIC 卒業生インタビュー

フィリピン留学
バギオ
学校:Baguio JIC
卒業生インタビュー

ワーホリ経験者が英語を忘れたのでフィリピン留学したお話【英語留学】
 

今回は、オーストラリアで ワーホリ経験 をしたのにも関わらず、バギオに留学することになった女性のお話をご紹介します。

彼女は、Baguio JICのPower Speaking キャンパス【バランス重視コース2ヶ月】でご留学されました。

直撃インタビューさせていただきましたので、ぜひご覧下さい!

ご留学される前は、何をされていたのでしょうか?
教えて下さい。

大卒後1年日本で働いた後に、オーストラリアでワーキングホリデーを1年経験しました。

 

すでにワーホリ体験者だったのですね。
当時、親に反対されませんでしたか?

最初は反対されましたが、
「お金に関しては自分で工面するから心配しないで欲しい。とにかく行かせてくれ!」
と、伝えたところ納得してくれました。

それと、父が海外に憧れを抱いている人で、
「英語話せたらカッコいいやん」って言ってくれたのが、幸いしました。

 

いつから、海外に興味を持つようになったのでしょうか?

高校生の時から「海外に行きたい!」という想いが強かったですね。

そして、大学生時代にアルバイトでお金を貯めて人生で初の海外旅行をしました。

もう、その時から「海外って良いなぁ〜!海外はすごい!!」となって。。。

日本では得られない感動があったり、行き交う人たちとの出会いがとても面白かったです。

なので、大学卒業後に日本で1年働いた後、ワーホリに行こうって決めてました。

 

最初から、オーストラリアに行きたかった理由はあったのでしょうか?

特にこだわりはなく、カナダかオーストラリアで迷っていました。

決め手がわからなさすぎて、最終的には気温で決めました(笑)

寒いのは苦手だったので。

 

なるほど。もう少しオーストラリアで過ごした経緯を教えてくれますか?

最初の3ヶ月は語学学校に通い、3ヶ月シドニーで働きながら生活していました。

その後、セカンドのワーキングホリデービザを取りたかったので、ファームジョブを探しました。

ご存知かもしれませんが、セカンドのワーキングホリデービザを取るためにはファームかファクトリーで3ヶ月間働いた証明がないといけないんですね。

 

同じファーム会社で3ヶ月という意味ですか?

いいえ、シーズンによって同じファーム会社で仕事をすることが難しいケースもあります。

当時は、細かいことは気にせずに、とりあえず3ヶ月間ファームでお仕事をするために足を動かしてました。

とりあえず、ファームで働かなければならぬ!みたいな。

 

お仕事探しは大変そうですね。。。

いいえ、そこまで大変ではないと思います。

私の周りはセカンドビザを持っている人が多く、情報を得ようと思えば得られる環境でした。

当時、私を含めて海外初心者の人はインターネット等で調べることが多いと思いますが、あまりあてにならなかったですね。。。

一番は【人と話して的確な情報を仕入れること】だと思います。

 

ワーホリ経験 をされながらも、なぜ留学をしようと思ったのでしょうか?

さきほど3ヶ月間オーストラリアで語学学校に通ったと言いました。自分で言うのもあれですが、必死で英語を勉強していたんです。

その後、その語学学校を卒業してからジャパレス(日本食レストラン)で働いていましたが、
周りが日本人ばかりで、英語を話す機会がなくなってしまいました。

そんな生活を続けていたら、いつのまにか語学学校で学んだ英語を丸々忘れてしまったんです・・・(泣)

これではダメだ。もう一度語学学校に行かないと!」と強く思うようになりました。

 

留学候補地はたくさんあったと思いますが、なぜフィリピンをお選びに?

費用を抑えたかったのが一番の理由です。

また、初めてワーホリに行く英語初心者の人や私のように英語を学び直したいワーホリ経験者が再度留学するのなら、フィリピン留学という話を聞いたというのもあります。

 

なぜバギオにしたのでしょうか?

初めはバギオかセブで迷っていました。私の周りにはセブで留学していた人が多かったです。

ということは、「日本人が多いだろうな。また同じことを繰り返してしまうかもしれない。」と思い、

上記のことを留学代理店に相談させてもらったところ、【バギオ】をおすすめしてくれました。

 

バランス重視コースを受講されましたが、どのように授業を組み立てましたか?

グループクラスは、Pronunciation Class(発音矯正クラス)とPattern Class(慣用句クラス)を選びましたね。

なぜ、このクラスを選んだのかというと、

自分の発音がとにかく嫌だったので、もう少し綺麗に英語を話したかった。

英語の慣用句(フレーズ)の表現に乏しかったので、学びたかった。

という理由で選びました。

マンツーマンクラスは、英文法を中心にスピーキングに特化しました。

「Why(なぜ)?」って聞かれると答えられないことが多いので、担当講師にはあえて質問をして欲しいとお願いしてました。

 

興味深いですね。じゃあ、私からなぜクエスチョンを。。。
なぜ、自分がWhyに対して苦手意識があると思いますか?

そうですね。

私を含めて学生時代は「テスト」という点数で評価されていました。

だけど、ここで留学した時に感じたのは、いかに自分を知ってもらえるのかということに苦労したからです。

過去のテスト評価なんて、全然問われないわけですよ。。。

人の意見を聞いた上で、自分の意見を正当に発言する、という機会が多くありましたよね。

 

その機会は、自分にとって良かったでしたか?

はい。間違いなく良かったです。

こうしてフィリピン留学をしたことで、いかに私がWhyという質問に答えられないのかということに気付けたことが、とても重要だったと思います。

英語を学びにきましたが、人間的にも成長できたきっかけを得られました。

 

フィリピン留学後は、またオーストラリアに行きますか?

できることなら、セカンドビザを使ってオーストラリアにワーホリしようと思っています。

もしダメなら、カナダがニュージーランドにワーホリかなと・・・。

それと、意外だと思うかもしれませんがIELTSに興味があります。
オーストラリア滞在中にIELTSのことは聞いていたのですが、よくわかっていなかったんです。

でも、IELTSの生徒と話をする機会があって、なぜ彼らがIELTSスコアを取るのに必死なのか理由を聞いていたら、なんだか興味が湧いてしまいました。

(ぜひ、リピーターとしてIELTSを学びにBaguio JICに戻ってきて欲しいです!)

 

最後に、これからフィリピン留学をお考えの方にメッセージをお願いします。

まず、みなさんに伝えたいのは行動力を意識してほしいです。

私がオーストラリアに行った時は、英語の事前学習なんてしていませんでした。
とにかく動きながら考えていくという精神で、ここまでやってきたようなものです。

周りの意見に流されすぎずに、【留学をしない選択をし、人生で後悔をしてしまうのなら】思い切って留学をして欲しいです。


 

まとめ

AYUMIさんの留学体験談はいかがでしたか。

彼女は、すでにワーホリ経験者ながらも、さらに英語学習をしたいということで当校に留学してくれました。

お話を伺っていますと【環境は人に良くも悪くも影響するもの】だと改めて感じました。

ワーホリをお考えで新しい環境に身を置いてみたい読者の方は、Baguio JICまでご留学を考えてみて下さい。

Ayumiさん、インタビューにお応えしていただきありがとうございました。


Baguio JIC の学校詳細はこちら
http://lax-s.com/Baguio_JIC.html

 

フィリピン・バギオ 学校名:Baguio JIC 卒業生インタビュー

フィリピン留学・バギオ
卒業生インタビュー


ヨガインストラクターを辞めて留学した女性のお話【英語留学】

 

今回は、日本で ヨガインストラクター をされていた経験をお持ちである女性が、なぜバギオに留学することになったのかご紹介します。

彼女は、Baguio JICのPower Speaking キャンパス【バランス重視コース3ヶ月】でご留学されました。

直撃インタビューさせていただきましたので、ぜひご覧下さい!

 

ご留学される前は、何をされていたのでしょうか?教えて下さい。

日本で4年間ほどヨガインストラクターをしていました。

 

なぜ、英語を学びたいと思うようになったのでしょうか?

企業に属していると仕事の中でキャリアアップを考えると思いますが、「次は何を目指そうかな?」と考えた時に、何もなかったんですね。
例えば、店長になりたいとか、インストラクターを育てる側になりたいとか。。。

なので、その会社にいてもしょうがないし、自分の中でこの仕事はやりきったのかなと思ったんです。

そこで、「本当に自分は何をしたいのか?」と塾考した結果、「旅行するのが好きだから海外旅行でもしてみようかな」と考えました。

でも、どうせ海外に行くのなら、旅行じゃなくてボランティア活動を通じて現地に溶け込みたいと思い、英語が話せないままではダメだ!ということで、嫌いな英語を学ぼうと決心しました。

 

どうしてフィリピンをお選びに?

私の先輩がセブでフィリピン留学をされていて、その後オーストラリアに渡ったということを聞いて、フィリピン留学の存在を知りました。

一番最初に感じたのは、他国に比べて費用が抑えられるところでしょうか。

 

先輩はセブでしたが、なぜバギオに留学を?

留学エージェントに相談した時に費用面を抑えたいということ、私自身が流されやすい性格なので、真面目に留学できる環境を望んでいました。

そこでいただいたアドバイスが【バギオ】だったわけです。

 

実際に、厳しい環境で学習できましたか?

私が滞在したPSキャンパスは、思ったよりも緩かったです。

当初は、IBキャンパスを検討していました。本当、周りに流されやすいし、英語は嫌いだったので。。。

最終的には、私も学校のことはよくわからなかったので、留学エージェントのアドバイスに従いPSキャンパスを選びました。

でも、こうして留学してきたことで気づいたことがあります。結局は、自分次第だなって。
サボろうと思えばサボれるし、外出しようと思えば外出できる。

だけど、英語学習環境は揃っています。

自分なりの学習計画をしっかり持っていれば、PSキャンパスで問題ないかなと今は思えます。

 

4人部屋の滞在は、息苦しくなかったですか?

全然大丈夫でしたよ。2階建てになっていましたし、ルームメイトも真面目に自習される人ばかりだったので、過ごしやすかったです。

だけど、シャワーだけ文句言わせて下さい!(笑
水圧をあげると、温度が緩くなってしまうのがどうしてもいやでした・・・。

でも、総合的には十分生活できる環境ですし、満足しています。

 

ニュージランドへのワーホリをお考えでしたよね。なぜですか?

当初は、オーストラリアかニュージランドで迷っていました。

だけど、オーストラリアは日本人が多いと聞いて、これだと日本人に甘えてしまう。。。

そんな中、私は動物好きでもあるので自然豊富なところでファーマーをしてみたいと思い、
完全にイメージでしか判断出来ていないですが、ニュージランドに行くことに決めました。

羊もすぐいるみたいな・・・(笑

 

将来実現したいことなどありますか?あれば教えて下さい。

アフリカに行くのが最終目標です。

これまでお話してきたように、旅行好き・ボランティア活動への興味・動物好きということを軸に考えてきた結果、最終的にアフリカで動物の環境保全活動に貢献したいなと思っています。

今、世界では密猟が多く危機的状況にある動物も多いんだそうです。

動物だけでなく、アフリカにあるバオバブの木という希少な木を保護する活動にも興味があります。

今は、イメージでしかありませんので実際に行ってみて自分がどう感じるのかわかってから、先が見えてくるのだと思います。


 

まとめ


MIKAさんの留学体験談はいかがでしたか。

彼女は、【自分が何をしたいのか】を自分なりに答えを出し、当校までご留学をして下さいました。

彼女にとっては新しい人生の始まりの一歩にすぎませんが、この一歩が後々大きく飛躍するために必要な行動だったいうことに気がつくことでしょう。

印象的だったのは、「まだイメージしかありませんが」という言葉です。

イメージするということは非常に大切です。でも、イメージだけではわからなから行動を起こさなければならなくなる。

そして、イメージと現実のギャップが埋め合わせが起こり、人は成長できる機会を得られます。

もし、あなたが自分を成長させたいために留学を考えているのなら、ぜひバギオまで留学をしてみて下さい。不安定な状況になるからこそ、成長できるチャンスがあるのではないでしょうか。

Baguio JICは、あなたの挑戦を支えます。

MIKAさんインタビューにお応えしていただきありがとうございました。

Baguio JIC の学校詳細はこちら
http://lax-s.com/Baguio_JIC.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥