留学・ワーキングホリデー・海外生活・オンライン留学(英会話)
LIFE ABROAD 0円留学 無料 手配・相談 / 格安留学|全国・名古屋駅前

0円留学、無料留学カウンセリングのご予約や電話相談は ☎10時~21時 お問合せメールは24時間365日受付しております。
☎:050-6868-4850

HOMEブログページ ≫ フィリピンの最近のニュース! 2021年6月26日現在 ≫

フィリピンの最近のニュース! 2021年6月26日現在

皆さん、こんにちは。


昨日はオーストラリア新型コロナウイルスの情報をお伝えしましたので、今日はやはりいつものアレですね!^^


そうです、フィリピン・バギオ留学の『A&J』のアキさんからのニュースレターをご紹介します。


いつもいつも本当にすごいです。


毎週のように一日一日起きたことを送ってきていただけてます。


フィリピンの新型コロナウイルス関連だけではなく、政治や経済、スポーツなども分かりやすく書いてくれていますので、とっても助かります^^


皆さんも是非ご参考にして下さいね。


では早速まいりましょう。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



【気になったフィリピンニュース】

インターネットなどで読んだ最近の興味のあるニュースの要約です。
※あくまで個人的見解です。


2021年06月19日
【大統領報道官のオンライン記者会見が何度も中断】
これはインターネット接続の問題によるものとのこと。
業を煮やした大統領報道官は「早く第3の通信業者による通信サービスが本格的に始まって欲しい」と述べました。
長い間フィリピンのインターネットはPLDTとGlobeの2社に独占されており、競争が生まれにくくサービスの向上が遅い構造になっています。
しかし今年3月からようやく、第3の通信事業者がサービスを開始し始めたとか。
これにより事業者同士の競争が激しくなれば、フィリピンのインターネット品質もアップしそうです。
ただし手放しで喜べないのは、この第3の通信事業者はフィリピンと中国の合弁会社なんですよね。
インターネットはもうライフラインといっても過言ではない昨今、その一端を中国に握られてしまうということは、フィリピンにおける中国の進出がさらに拍車をかけそうです。


2021年06月19日
【ヤクルトがミンダナオに新工場建設】
フィリピン国内では2カ所目の工場で、2023年からヤクルトとヤクルトライトを生産予定とのこと。
新工場が稼働するとフィリピンでの生産能力は1日790万本となり、現在の約7割増になるようです。
フィリピンでもヤクルトは大人気です。
フィリピンの一般的なヤクルトサイズは、日本でいうところのヤクルト400になります。
日本で一般的に目にするものは65mlサイズですが、それよりも少し大き目80mlがヤクルト400です。
ヤクルトって絶妙に美味しいですよね。
1本では到底足りなく、いくらでも飲めそうな気がした子どものころ、夢はヤクルトを好きなだけガブ飲みすることでした。
大人になってからそれを試しましたが、2本飲めばそこそこ満足、3本目は罪悪感、4本目でもういいか、5本目で味に飽きました。
1本飲んだあとの、あの少し足りない感じ、もっと飲みたいと思うところでとどめておくのが一番幸せなんだと知り、そのとき自分は、大人の階段をまた一つ上ったことを感じました。


2021年06月20日
【井上尚弥VSマイケル・ダスマリナス(フィリピン)のタイトルマッチ】
見ましたか?
見てなくても結果はあちこちで報じられているので、知っている人も多いんじゃないかと思います。
いやー、井上尚弥選手は終始相手を圧倒する見事なまでの3RTKO勝利でした。
1Rは様子見で、なんとそのときに井上尚弥選手は勝利を確信したそうです。
2Rで1回のダウン、3Rで2回のダウンを奪い、文字通り対戦相手をマットに沈めました。
井上選手の最後の左のボディーブローはダスマリナス選手(フィリピン)の右脇腹を貫いています。
これはいわゆるリバーブローといわれ、ボディーの急所である肝臓にダメージを与えるものです。
なお、頭を打たれると意識が飛んでダウンするそうですが、ボディーを打たれた場合は意識があるまま地獄の苦しみだそうです。
意識が飛ぶと本人の意志関係なく倒れるため、ガードの基本は上寄りになり、ボディーはある程度打たれても、気合と根性で耐えるものらしいです。
ただ、バンタム級において井上尚弥選手は屈指のハードパンチャーでもあり、そのパンチからのリバーブローによって、相手の気合と根性をも打ち砕いたんでしょうね。
そもそもダスマリナス選手もランキング1位ですので実力者には違いないんです。しかし番狂わせが起こる可能性を微塵も感じさせない試合でした。
WBA、IBFのベルトを防衛した井上尚弥選手は、次は同階級のWBC、WBOのベルトを狙います。
WBCのチャンピオンはドネア選手(フィリピン)、WBOのチャンピオンはカシメロ選手(フィリピン)です。
先日ドネア選手がWBCチャンピオンに返り咲きましたが、ドネア選手も非常に鮮やかな勝利でした。
それによってWBOのカシメロ選手はリゴンドウ選手との防衛戦ではなく、ドネア選手との統一戦が組まれることになったようです。
8月中旬に行われる予定のドネア選手VSカシメロ選手、この勝者がWBCとWBOの統一王者として、次の井上尚弥選手の対戦相手になる予定です。
2ヶ月後、このドネア選手VSカシメロ選手の戦いも非常に楽しみですね。
なお、昨日の試合ですがこちらの時間ではお昼過ぎごろに始まったので、昼ごはんを食べながら見ようと考えフードパンダ(デリバリーサービス)で昼食を注文しようとしたんですが、いつも営業しているはずのレストランが軒並み一時中止中になっていました。
試合後に確認すると注文可能になっていました。
ちょうどお昼時で忙しいから一時中止中になってたんですかね?いや、ジョリビーとかマクド、ケンチキまでお昼の書き入れ時に一時中止中になりますかね?
昼食を運んできてくれたフードパンダのお兄さんに、ボクシングの試合を見たか聞いたら「見てないよー」とはいわれました。
でも個人的には、なんらかの影響があったんじゃないかとひそかに思っています。


2021年06月21日
【ドゥテルテ大統領、ワクチン接種を拒否する国民に対し警告】
「ワクチンを打つか投獄されるか選ぶことになる」
ただし保険当局はワクチン接種は任意としており、大統領の発言はこれと矛盾します。
この根回しなしの突然の感情的発言が実にドゥテルテ大統領らしいですね。
関係各所は大統領の発言に慌てているでしょうね。今後どうなるのか注目したいです。
ワクチン接種状況
<フィリピン、2021年6月20日>
ワクチンを1回以上接種:6,253,400(5.8%)
必要回数のワクチン接種完了:2,153,942(2.0%)
<日本、2021年6月20日>
ワクチンを1回以上接種:22,437,512(17.8%)
必要回数のワクチン接種完了:9,154,518(7.3%)
接種開始は日本のほうが2週間程度早かったんですが、すでに約3倍の差がついています。
フィリピンは現在都市部での接種が中心となっており、今後地方へ接種を移行する際には、輸送や設備の問題により接種速度が鈍化すると考えられます。
全体の差はますます広がっていくでしょうね。
そうなると、ワクチン接種済みの日本との行き来よりも、フィリピン国内でのワクチン未接種の地方への移動のほうが難しくなるかもしれませんね。


2021年06月22日
【キリスト教系の若手メンバーがマニラ湾のごみ清掃】
先週のニュースでフィリピンのごみ問題がありましたが、ちゃんと清掃している人も中にはいるんですよね。素晴らしいことだと思います。
ただ少し目線を変えると、これはフィリピンに限ったことではないんですが、清掃をすることがニュースになるのは少し残念なことではあります。
裏を返せばそれだけその場所にごみが溢れていて、だから掃除をすることがニュースになってしまうということですもんね。
悲しいかな、ごみを捨てないようにするには限度がありそうに感じています。
なので、仮に捨てたとしても自然に還る万能な生分解性プラスチックなどが現代の技術でもっと生み出されるといいんですけどね。
こういう研究も、予算とか儲けの方が先で、その意義は二の次三の次になるんでしょうか。
いや、もちろん慈善事業だけではメシが食えないということはわかっているんですが、ううむ。


2021年06月22日
【フィリピン、1億5700万回分のワクチンを確保】
早くからワクチン接種を開始していた多くの大国・富裕国でワクチン接種が進み、それらでのワクチン需要が減ったため確保が容易になってきているようです。
フィリピンの人口は1億1000万人ぐらいです。
それを超えるワクチンが確保されれば、フィリピンにいる我々外国人もワクチン接種ができるようになりますかね?
8月には12歳から15歳までを含む一般人への接種が開始されるとの情報があり、おそらく都市部の打てるところからジャンジャン接種して、その間に地方の輸送方法や保管方法を確立する感じだと思います。
なお、現在確保されているのは以下のとおり。
・中国のシノバック製2600万回分
・ロシア製のスプートニクV1000万回分
・米モデルナ製2000万回分
・英アストラゼネカ製1700万回分
・ファイザー製4000万回分
プラス、コバックスから4400万回分
合計、1億5700万回分
正直シノバックがもっとドーンと多いかと想像していましたが、思ったよりも少なかったですね。
また、米ノババックス社と米ジョンソン・エンド・ジョンソン社からの約1600万回分も交渉中とのこと。
政府は年末までに集団免疫獲得を目標としているようです。
果たしてそんなに上手くいくかな?とは思いますが、ワクチン確保ができたのなら期待は高まりますね。
ふと、詩人の相田みつをさんの有名な言葉を思い出しました。
うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ


2021年06月23日
【先日の大統領の「ワクチン拒否で逮捕」発言、その後】
保健次官は大統領発言の翌22日の会見で「ワクチン接種には、自由で事前の医師と患者との十分な情報を得た上での合意が欠かせず、同意書に署名する必要がある」と大統領の発言を事実上否定。
その上で「お互いを守るため、予防接種を受ける必要があるという点を強調したい大統領の情熱と必要性から生まれたものだと思う」とフォロー。
また司法相は「一刻も早く集団免疫を獲得する必要性を訴えるために、強い言葉を使っただけだと思う」「弁護士でもある大統領は、ワクチンを接種しないことが法律上認められる選択であることを知っている。予防接種を強制し、接種を受けないことが犯罪になるような法律はない。現在入手可能なワクチンはまだ試験段階なのだから」とフォロー。
大統領報道官は「接種の義務化と、接種を拒否した場合の処罰を科す法律か条例が必要だ」と指摘する一方で「法律や条例の制定は簡単だ。ワクチンが十分に供給されている場合はなおさらだ」とフォロー。
関係各所はてんやわんやのようですね。
やはり影響力のある人の爆弾発言はなかなかの破壊力。でもそれこそがドゥテルテ大統領らしいっちゃらしいというお話し。


2021年06月24日
【フィリピン前大統領、ベニグノ・アキノ氏死去】
ベニグノ・アキノ氏は、現ドゥテルテ大統領の前の、第15代フィリピン大統領。
ノイノイとの愛称をもち、2010年から2016年まで大統領を務めました。享年61。
約2年前から体調を崩し通院しており、死因は糖尿病に起因する腎臓疾患とのことです。
24日午前6時半、睡眠中に苦しむことなく帰らぬ人となったそうです。
経済改革を推し進めフィリピン経済を成長軌道に乗せ、汚職の根絶に取り組み、また、今なお争われている南シナ海の領有権を巡りオランダ・ハーグの仲裁裁判所に中国を提訴、積極的に中国と対立する姿勢を見せ、国民の信用を得ました。
マルコス独裁政権下で、上院議員だった父は多くの報道陣の前で暗殺され、母は民主化運動の旗印として大統領になりました。
その母が任期中に発生したクーデターでは、ノイノイ氏は襲撃を受け、5発もの銃弾を受けながらも生き延び、後に母の意志を継いで大統領に。
偉大な両親に対しコンプレックスを持っていたともいわれ、人をおしのけて何かをやるタイプではなかったため、妹で女優のクリス・アキノさんをはじめ、アキノ家の誰もが彼が上院議員から大統領になるとは思っていなかったようです。
しかし大統領として、汚職とは無縁の清廉な政治を行い、近年のフィリピン大統領としては「中興の祖」との評価もでています。
混沌としたフィリピンの政治の中で生まれ、国の政治に一生を捧げたノイノイ氏でしたが、大統領任期満了後は表に出ることもなく、静かに余生を過ごしていたと聞きます。
ノイノイ氏の人柄に対して多くの人が、温厚で優しく誠実で、権力に無関心の人だったと語ります。
その人柄評から想像するに、絶えず慌ただしかったノイノイ氏の激動の人生において、大統領任期満了後から亡くなるまで静かに過ごした最後の5年間こそが、ノイノイ氏自身が望んだ、本当の人生だったのかも知れませんね。
ご冥福をお祈りいたします。


2021年06月25日
【大使館からのお知らせ、一時帰国時のワクチン接種事業開始】
以前ニュースレターでも少し触れておりました、海外在留の日本人で、日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する人々を対象としたワクチン接種事業が開始されるそうです。
期間は、2021年8月1日から2022年1月上旬までとのこと。
接種対象者は以下の条件を全て満たす者。
①在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は一部の再入国出国中の外国人
②日本国内に住民票を有していない方(転出届を提出済みの方)
③接種を受ける日に12歳以上である方
接種場所は、成田空港と羽田空港の入国後エリアに特設会場が設置されるようです。
ワクチンの種類は、ファイザー製で3週間の間隔をあけて2回接種する必要があります。
予約は、7月中・下旬からインターネットで開始するとのこと。
始まりましたね、一時帰国ワクチン接種。
自分としては、フィリピンでの国内移動もまだ不安定だし、結局やっぱり2回接種で接種のために帰国したら当分は帰ってこれないやらで、今しばらくは状況を確認しつつ考えるかなと思っています。
まあ少なくとも、7月の予約開始直後に飛びつくことはないでしょうね。
友人の話では、日本のワクチン接種は結構進んできているように感じました。


今回は以上です。

少しでも当校、バギオ、フィリピンのことを身近に感じていただけると幸いです。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


いかがでしたか?


アキノ大統領はとっても有名でしたよね。


皆さんも名前くらいは聞いた事あったんではないでしょうか。



フィリピンの新型コロナウイルスのワクチンはまだまだ広がってないようで、現地への留学もまだまだもう少しかかりそうですね。



そういえば、昨年の新型コロナウイルスによりフィリピンへ留学できないことになり、いつ再開するのか何度もお問い合わせをいただいておりました。


そこで、「2021年7月に留学再開!」という事をどこかで聞いたらしく、7月にフィリピン留学に行きたいと昨年末くらいから今年の3月4月頃までお問い合わせが増えておりました。


どこかで噂話が広がったようです。


お話を聞くと「インターネットの掲示板に書いてあった」とか、「どこかの留学斡旋会社で聞いたような。。。」とか。


皆さん、是非噂話には惑わされないようにして下さい。


弊社にお問い合わせいただきましたらお答えいたしますので。


実際にフィリピンへ行けるのは、もう少し先の話になります。


オンライン留学・オンライン英会話はライフアブロードまでお気軽にお問い合わせ下さいね^^




ライフアブロード α(アルファ)



A&Jニュースレターはこちらから



A&J TOPページ



バギオ留学ページはこちら



セブ島留学ページはこちら



フィリピン留学TOPページはこちら



オンライン留学はこちら



お問い合わせページはこちらをクリック



メールアドレス:info@lax-s.com

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


 
2021年07月01日 17:02