留学・ワーキングホリデー・海外生活・オンライン留学(英会話)
LIFE ABROAD 0円留学 無料 手配・相談 / 格安留学|全国・名古屋駅前

0円留学、無料留学カウンセリングのご予約や電話相談は ☎10時~21時 お問合せメールは24時間365日受付しております。
☎:052-766-6146

HOMEブログページ ≫ フィリピンの最近のニュース! 2021年6月4日現在 ≫

フィリピンの最近のニュース! 2021年6月4日現在

皆さん、こんにちは。
今日は全国的に雨や風が強くなっていることと思います。
外を歩くときは気を付けて下さいね。

ニュースではEUが日本人観光客の受け入れを解禁したと発表がありましたね!
各国の入国管理方法はそれぞれ違うようですし、自主隔離や陰性証明証などの提出が必要な場合があるようです。


渡航される際にはしっかり確認して下さいね。


それでは今回もフィリピンはバギオ語学学校『A&J』アキさんから届いたフィリピンのニュースレターをお送りします!


今回は特盛ですので読み応えありますよ~^^v




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



【気になったフィリピンニュース特盛り】


インターネットなどで読んだ最近の興味のあるニュースの要約です。
※あくまで個人的見解です。


2021年05月22日
【フィリピンのワクチン接種、する?しない?】
20日に発表された世論調査結果によると、ワクチンの無料接種を「受けるか?」との質問に、接種を望まない人が33%、望む人が32%、迷っている人が35%と、ほぼ拮抗する結果となっているようです。
そのうち、接種を望む人は「受けたい」が23%、「たぶん受ける」が9%。
接種を望まない人は「受けたくない」が26%、「きっと受けない」が7%。
昨年末の同種の調査では、望まない人47%、望む人32%。
今年1月の調査では、望まない人46%、望む人19%。
2月の調査では、望まない人61%、望む人16%。
だったので、接種が敬遠されていた傾向が、接種寄りになっている事がわかりますが、依然として迷っている人も多くいるようです。
接種を望まない理由は「副反応を心配、30%」「死ぬかも知れない、20%」「高齢や基礎疾患のため、17%」「コロナを含め病気にかかるかも知れない、11%」となっています。
政府のワクチンに対する評価は「信頼している、51%」「信頼していない、17%」「分からない、31%」。
ワクチンを受ける理由は、個人がコロナにならない、もしくは、なっても重症化しないためが理由ですが、それ以外にも、国として集団免疫を獲得するためでもあります。
集団免疫が獲得できれば、他の人に感染しにくくなり、国内で感染が流行しにくくなります。
逆に集団免疫が獲得できなければ、コロナ流行国のままということになり、そんな国にはまず入国したい人はいないですし、流行国からの人間を受け入れる国もないですよね。
つまり、最悪の場合世界から孤立する、まあ孤立しないまでも、遅れれば遅れるだけ、世界から置いていかれることになります。
今やどこの国も、自国以外の国との付き合いをなくして成り立たない時代です。
なので、ワクチン接種はすでに個人だけの問題ではないことを、もっと強調する必要があるんじゃないかと思っています。


2021年05月22日
【ワクチンの銘柄非公開に大反発】
先日のニュースで、ワクチン接種時に銘柄が非公開になったと報じられましたが、それを受けて多くの議員、自治体の首長らから強い反発の声が上がりました。
「患者への情報開示と同意、ワクチンを拒否する権利は人権の一部だ」「銘柄を隠すことで人々の間のワクチンへの忌避感情がさらに悪化する」など。
これらの批判を受けて保健省は20日、会場に集った接種予定者への事前オリエンテーションで、銘柄を含め摂取するワクチンについて情報開示を行う。と方針を変更するようです。
会場で自分の希望するワクチンでないと分かった場合には、直前で接種を拒否することも可能で、その場合は摂取予約の順番が後に回されるとのことです。
自分としては、直前の接種拒否で、ワクチンが無駄になってしまわないか心配です。直前よりも事前に通達することで無駄がなくなるんじゃないかと思うんですが…インフラが十分ではないフィリピンでは事前通達で対応することは難しいのかも知れませんね、特に都市部以外とかは。


2021年05月22日
【フィリピンの鉄道、4年で倍増計画】
東南アジア諸国連合(ASEAN)現加盟国の首都圏における鉄道路線数と駅数を比較。
1、マレーシア:194駅(9路線)
2、シンガポールが:161駅(8路線)
3、タイ:91駅(5路線)
4、インドネシア:87駅(7路線)
5、フィリピン:73駅(4路線)
フィリピン政府は4年後には143駅(7路線)までと、ほぼ倍増させる計画とのこと。
今後鉄道網が敷かれて行けば、マニラ首都圏、地獄の渋滞も緩和されますかね。
願わくばいずれバギオも電車でマニラまで往復できるようなれば良いんですけどね。
もしも仮に鉄道が来るとしても、十何年とかかなり先のことなんでしょうね。


2021年05月22日
【マニー・パッキャオ、8月21日に復帰戦】
世界6階級制覇のフィリピンの英雄にして現上院議員、来年の大統領選挙にも出馬予定のマニー・パッキャオ氏が、8月21日にラスベガスで復帰戦が決定しました。
相手は、IBF&WBC世界ウェルター級王者、エロール・スペンスJr.(アメリカ)。
マニー・パッキャオ(42=フィリピン)62勝(39KO)7敗2分/KO率54.93%
エロール・スペンス・ジュニア(31=米)27勝(21KO)無敗/KO率77.78%
スペンスJr.は、IBF王座は5度、WBC王座は1度の防衛経験があり、あのフロイド・メイウェザー・ジュニアの後継者とも呼ばれた選手です。
日本ではマニー・パッキャオの知名度から、そっちをメインに捉えられがちではありますが、相手のエロール・スペンスJr.はガチガチのウェルター級最強王者、決してパッキャオのブランクのための噛ませ犬なんかじゃない対戦相手です。
というかむしろ予想としては、7:3、いや8:2で、スペンス有利ぐらいじゃないでしょうか。
スペンスは、31歳で年齢は今が絶頂期と考えられます。2団体合計6回の防衛の経験も十分、リーチもパッキャオより13cmも長くなっています。
パッキャオは、42歳であり、通常なら確実に引退している年齢かつ、試合のブランクは2年以上。
しかし、パッキャオの絶大なる人気は実績もさることながら、常に格上、最強と思えるような相手とグローブを交え、何度も下馬評を覆してきたところにあります。
それだけに、今回も下馬評、年齢関係なく、何かを期待させてくれるボクサーがマニー・パッキャオなんです。
来月6月19日の井上尚弥選手の試合も楽しみですが、こちらマニー・パッキャオVSエロール・スペンスJr.の試合も相当楽しみですね。


2021年05月24日
【ワクチン接種者に入国特別枠を】
観光相は現在、コロナのワクチンをすでに接種している外国人観光客について、隔離などの条件なしで入国を認める特別枠を設けることを政府に勧告しているようです。
フィリピン経済の柱の一つである、外国人観光客の受け入れ再開に向けて動いているようですね。
おそらくはワクチンパスポート(もしくはそれに準ずるもの)で入国の許可を出すと思われます。
日本もワクチンパスをどうするか議論を進めないと、さらに世界に置いていかれるような気がします。


2021年05月24日
【現在のペースなら集団免疫獲得まで5年の分析】
現在のフィリピンのワクチン接種ペースは、1日8万人程度とのことで、専門家の分析によると、集団免疫獲得に必要な人口の70%に達するまでには約5年かかるとの分析です。
さすがに5年はかけないと信じたいところですが、以前あった他の調査では2023年末ごろとのニュースもありましたので、少なくとも今年中は今と同じ様な状況が続く可能性が高いのかなと思っています。
日本はそろそろ大規模接種が始まるとニュースを見ましたが、集団免疫獲得予定はいつごろなんでしょうね。


2021年05月25日
【タガイタイのホテル、客室やレストランは50%で再開】
以前住んでいたタガイタイの街ですが、コミュニティ隔離措置の緩和からホテルなどが再開したそうです。
そういえば自分が住んでいた日本人ゲストハウスも受け入れ再開したっていってました。
タガイタイの街は、マニラから車で2時間程度のちょっとした観光地&避暑地です。
タール湖とタール火山のほとりにあるタガイタイの街、最近は火山性の地震や火山からの水蒸気で賑わうことが多いですが、今後は観光客で賑わうといいですね。


2021年05月25日
【イベルメクチンの薬局での店頭販売開始】
まず先陣を切ったのは大手薬局チェーンのワトソンズ。ショッピングモールなどによく入っており、自分もよく利用しています。
薬局チェーン最大手のマーキュリー・ドラッグでも販売が開始されるそうで、処方薬としての全国販売を始めるとのこと。
コロナに対しては「適応外薬」であり、購入には医師の処方箋が必要です。
お値段は、1タブレット30ペソ以下で販売されるそうです。
適応外薬ではありますが、実際にはコロナのために購入する人もいるでしょうね。っていうかそのために販売許可が降りたようなものに思えます。
その場合にどうなるのか、すでに32カ国の治験・使用でコロナへの予防・治療効果があるとされているので、今後のイベルメクチンの状況にも注目しておきたいですね。


2021年05月25日
【違法仲介による接種で対応を協議】
SNSを使用して、ワクチンの接種機会を有料で違法仲介する個人の存在が浮上しているようです。
フィリピン食品医薬品局は、ワクチンの販売、広告・商用の流通などの行為を認めておらず、ワクチンの売買は違法行為としています。
なお値段は、2回接種で1万~1万5千ペソで、Facebookなどを利用して呼びかけてくるそうで、すでに国家警察なども捜査を開始しています。
違法仲介、まああるだろうなと思ったらやっぱりありましたね。
なお違法仲介ワクチンのお値段ですが、以前見たニュースからの参考からざっくり計算で3~4倍のお値段となっております。
例えば、すでに重症でこの薬を使わないと危ないという切羽詰まった状況なら理解もできるんですが、現段階で違法仲介を利用してでもワクチンを摂取する人の考えることって、ちょっと理解し難いですね。
今現在は健康で、政府からのワクチン接種を待てば無料なのに、自ら法を犯して正規のワクチン価格の3~4倍ものお金を払い、本物かどうかも疑わしいものを体内に注入する…
安全が欲しいがためにパニックになって、何倍もの無用なリスクを取るのってちょっと滑稽だなと思いました。


2021年05月26日
【どの国のワクチンの接種を希望しますか調査でまさかの…】
民間調査機関がどの国のワクチンの接種を希望するかを調査した結果を発表しました。
その結果は次のとおり(複数回答可)
1位:63%、アメリカ
2位:19%、中国
3位:13%、日本
3位:13%、オーストラリア
3位:13%、イギリス
6位:12%、カナダ
6位:12%、ロシア
また、どの銘柄のワクチンを摂取したいかの質問の順位は次のとおり。
1位:39%、シノバック(中国)
2位:32%、ファイザー(アメリカ)
3位:22%、アストラゼネカ(イギリス)
4位:10%、ジョンソン・エンド・ジョンソン(アメリカ)
なんだかよくわからない集計結果になっていますが、おそらくどこの国でどのワクチンが作られているのかちゃんと知らない人が多いんじゃないかと思いました。
ともあれ、ワクチン開発ではほとんど箸にも棒にもかからない日本が3位に食い込んでいるあたり、日本の名前がフィリピンの人の中で信頼を得ているのかな?と感じました。
銘柄に関しては、よく聞く名前って理由で選んだ結果のように感じます。
だから、アメリカ製のワクチンを打ちたいと思ってる人がシノバックを打って満足するってことも考えられるわけで、ちゃんと調べないで聞きかじった情報だけだとこういうことになるんじゃないかなと思います。
こんな結果を見せられると、ワクチンをえり好みしている人は本当に分かってやっているのかも気になりますね。
なお日本製のワクチンは現在、アンジェス、塩野義製薬、第一三共、KMバイオロジクスなどが開発中らしいですが、進行具合からまだ当分先になりそうです。


2021年05月27日
【85%のフロントライナーへのワクチン接種完了】
医療従事者、俗にいうフロントライナーへのワクチン接種が、首都圏で97%、全国で85%完了したようです。
そのため現在は60歳以上の高齢者への接種を中心に進められているとのこと。
<5月24日時点>
フィリピン:ワクチン一回以上接種、331万人(人口比3.1%)
日本:ワクチン一回以上接種、661万人(人口比5.2%)
なおフィリピンは6月から、経済分野の重要職への接種が開始されるようです。
個人的感想は、思ったより早いやん!です。
この調子でじゃんじゃん接種を進めてほしいですね。


2021年05月27日
【首都圏の実効再生産数0.53に減少】
実効再生産数が0.53まで下がったことを受けて、首都圏は6月から、現在のちょっと厳し目GCQからGCQまたはMGCQに緩和されると予想されています。
ただしルソン島北部の一部の地域では依然として感染者数が増え続けているため、その地域はMECQとなっています。
5月15日にMECQからちょっと厳し目GCQにコミュニティ隔離措置を移行した首都圏ですが、約10日経過しても新規感染者は減少、実効再生算数も減少していることから、2月ごろから始まった感染者数の増加は一旦ピークアウトしたように思います。
あとは入院している人たちが回復し退院できて、病床数が落ち着けばいいですね。
次に気になるのは、現在フィリピンで数件確認されている、インド変異株です。
新たな変異株でまた感染者の潮目が変わらないように、水際対策を強化してもらいたいですね。
あと、インドの爆発感染は変異株の出現よりも油断から来ているとの見方が強いようです。
コロナの減少とともに楽観論が広がり、大規模な宗教行事「クンブメーラ」が開催。400万人以上の巡礼者が集まってしまったことがインドの爆発感染の大きな要因と見られています。
ピークアウトしたからといって気を緩めることなく、感染予防を続けたいですね。


2021年05月28日
【ドゥテルテ大統領の副大統領選は「神の意志に任せる」】
フィリピンの大統領・副大統領は国民の直接選挙によって選ばれ、任期は1期6年で多選はできません。
そのためドゥテルテ『大統領』は来年で任期終了ですが、来年の選挙で副大統領に立候補し、直接選挙で勝てば副大統領になることができます。
ドゥテルテ大統領は27日、自分の副大統領選の出馬は「神の意志に任せる」と、今までよりは前向きな発言をし、また大統領法律顧問も「国民から強い要請があった場合、来年の副大統領選に立候補するかもしれない」と発言。市民のドゥテルテ大統領の副大統領選出馬の期待が高まっています。
高い支持率を誇るドゥテルテ大統領は、次回の選挙で副大統領になることを押す声も強く、仮に副大統領選挙に出馬した場合は当選の大本命になると予想されます。
そうなると大統領選には、娘のサラ・ドゥテルテダバオ市長、腹心のボン・ゴー上院議員などが出馬する可能性も高くなってきます。
現時点の大統領選挙は、8月にボクシングの試合を控えるマニー・パッキャオ上院議員がすでに出馬を表明しており、今後誰がどのように動くのか注目が集まっています。


2021年05月28日
【ワクチン接種で、使える、食える、アレが当たる!キャンペーン】
マニラから少し北、パンパンガ州サンルイス町では、ワクチン接種を促進するために、7月以降1年間に渡って、ワクチン接種を受けた人の中から毎月1人に抽選で『牛1頭』が当たるキャンペーンを行うとのことです。
また、アメリカのカリフォルニア州では、接種者の中から宝くじ形式で、10人に各50万ドルが、30人にそれぞれ5万ドルが当たる、総額1億1650万ドル(約128億円)キャンペーンがスタートしたり、大手薬局「CVS」では、ワクチンを接種した100人に抽選でカリブ海やヨーロッパなどから選べる7日間のクルーズ旅行が当たるキャンペーンを開始します。
他にも5人に5000ドル(約55万円)が当たるほか、アメリカンフットボールの優勝決定戦「スーパーボウル」のVIPチケットなど、1000人以上に景品が用意されているとか。
完全に憶測ではありますが、日本でこのようなキャンペーンをやると、批判の声が上がりそうな気がします。どうでしょう?
個人的には、一日でも早くワクチンを接種する人を増やすという目的に沿っていると思いますし、ネガティブな怖いヤバイなどの悲壮感がただようワクチン接種よりも、ポジティブな当たればラッキーのお祭り感あるワクチン接種の方がいいように感じるので、じゃんじゃんやれば良いと思います。
もちろん税金でやるのではなくて、接種会場に広告などを置いて、協賛企業などからお金を集めたりして、考えて工夫をした上での話ですけど。
そこまでやればどうでしょう?それなら批判は…やっぱりなんとなくされてしまいそうですね。なぜだろう。
それにしても、フィリピンのサンルイス町長さんの牛1頭のアイデアには驚きました。
なんでも、現金や食品の詰め合わせ、宝石を景品とすることも検討していたようですが、カモやティラピア(魚)の養殖に従事する住民が多いこの町では、使える、食える『牛1頭』を景品とするのがふさわしいと判断したとのこと。
景品の牛は、もちろん自分の農場での仕事に使役しても、食肉処理して近隣住民と美味しく楽しく分かち合ってもいいとのこと。
また、抽選会の様子はソーシャルメディアで生中継もされるそうです。
ちゃんと頭を使って柔軟に決めてるなーと思いました。


今回は以上です。

少しでも当校、バギオ、フィリピンのことを身近に感じていただけると幸いです。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


いかがでしたか?


フィリピンも少しずつですが接種が増え、感染爆発から少しは落ち着いてきたようですね。


しかし油断は禁物。日本も一緒です!


私も早くワクチンが打てればと思います。それまではまだまだガマンが必要。。。


皆さんもガマンですよ!


我慢が辛いときはオンライン留学で英会話を楽しんでみませんか!


フィリピン・バギオのA&Jのオンライン留学はとっても楽しいですよ。


楽しく優しい先生が皆さんを待っています^^


オンライン留学(オンライン英会話)はライフアブロードまでお気軽にお問い合わせ下さい。



ライフアブロード α(アルファ)



A&Jニュースレターはこちらから



A&J TOPページ



バギオ留学ページはこちら



セブ島留学ページはこちら



フィリピン留学TOPページはこちら



オンライン留学はこちら


 

お問い合わせページはこちらをクリック



 

メールアドレス:info@lax-s.com

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  
2021年06月04日 17:10