留学・ワーキングホリデー・海外生活・オンライン留学(英会話)
LIFE ABROAD 0円留学 無料 手配・相談 / 格安留学|全国・名古屋駅前

0円留学、無料留学カウンセリングのご予約や電話相談は ☎10時~21時 お問合せメールは24時間365日受付しております。
☎:052-766-6146

HOMEブログページ ≫ 【フィリピンニュース 2021.03.14】 フィリピ... ≫

【フィリピンニュース 2021.03.14】 フィリピン バギオ留学 A&J ニュースレターご紹介

フィリピン バギオ SM Baguio 写真
みなさん、こんにちは。


今回もフィリピンからのニュースレターをご紹介します。


毎週フィリピンのバギオ留学で大人気の語学学校『A&J』の荒木さん(アキ)さんがニュースレターを送ってきてくれます!


フィリピンの情勢や新型コロナウイルスの状況、バギオや語学学校の情報がとても良く分かり助かります^^。


荒木さんありがとうございます。


弊社スタッフも昨年3月にフィリピン出張をして以来、フィリピンへ行けておりません。


ですので、学校からの情報はとても助かります!


早速ご紹介します!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



【気になったフィリピンニュース やや盛り】


インターネットなどで読んだ最近の興味のあるニュースの要約です。
※あくまで個人的見解です。


2021-03-06
【コロナ新規感染者数、今年最多の3000人オーバー】
1日のコロナ新規感染者数が、今年最多の3045人になりました。
なお前回3000人を突破したは昨年10月です。
昨年の8月が新規感染者数のピークで1日で約7000人近くを出した日もありました。


2021-03-07
【コロナ新規感染、連日の3000人超え】
3月6日の新規感染者数は、3439人で今年最多を1日で更新、連日の3000人超えになりました。
ワクチン接種開始の楽観論とは裏腹に、新規感染者数は増加していますね。


2021-03-08
【3日連続でコロナ新規感染者3000人以上を記録】
3月7日の新規感染者数は、3276人で6日の人数は超えませんでしたが、3000人以上となっております。
政府はこれから2週間が山場として注意喚起を行っております。
フィリピンの累積感染者数は世界30位、感染者数、死者数は東南アジア、北東アジア地域内で、インドネシアに次ぐ2番めとなっています。
ただし、人口100万人あたりのコロナ累積感染者数は世界129位の5376人で、死者数は118位の113人にとどまっており、べらぼうに高い数字というわけではありません。


2021-03-08
【VFA問題、米国がフィリピン軍へ、武器や装備品の提供リストを提示】
先日お伝えしたVFA問題で、米国のほうがフィリピンの要求を飲みつつあるとのことです。
国軍を強化したいドゥテルテ大統領と、フィリピン軍を強化することで中国への牽制になると考えるバイデン政権の思惑が一致したんでしょうね。


2021-03-06
【ワクチン接種をする考えのない人46%】
フィリピンでワクチンに対する調査で、接種する考えのない人は46%。
接種の意向がある人の割合は19%にとどまり、35%は態度を保留しました。
これは2016~17年に起きた、デング熱ワクチンによる混乱の影響が大きいとのことです。
なお接種する考えがないと答えた人の73%は「安全かわからない」、29%は「効果が不明」(複数回答)を理由に上げているようです。
一部の政治家たちがワクチンの公開接種など行っていますが、あまり効果は出ていないようですね。
国民は、パフォーマンスよりもデータに基づいた客観的な情報を必要としているように思います。


2021-03-09
【OCTAリサーチ警告、3月末には1日の新規感染者数6000人の可能性】
フィリピン大学が中心となっている研究者グループ「OCTAリサーチ」が、ここ数日の3000人の新規感染者や変異種感染などから、3月末までに1日5000人から6000人まで感染者数が増える可能性があると警告しました。
フィリピンでも信頼のおけるOCTAリサーチからの情報です。
1日の感染者数はさておき、感染拡大していくのは間違いないと思われます。
ワクチン接種が始まったからといって、あまり楽観的にならずに感染拡大防止に気を引き締めていきたいですね。


2021-03-09
【フィリピンの女性議員は28%で、190カ国中61位】
世界平均は、25.5%とのことです。
1位:ルワンダ(61.3%)2位:キューバ(53.4%)3位:UAE(50.0%)4位:ニカラグア(48.4%)5位:ニュージーランド(48.3%)6位:メキシコ(48.2%)7位:スウェーデン(47.0%)
我らが日本は、9.9%で166位、先進7カ国で最下位、世界的にもかなり低くなっております。
日本の女性議員割合が低いことはなんとなく知ってはいましたが、世界で比較するとこんなにも低かったんですね。
正解がないのはわかっていても、いろいろと考えてしまう問題ですね。


2021-03-09
【米国の経済自由度指数で、フィリピンは73位】
全調査対象は178カ国・地域。
1位:シンガポール(2年連続)、2位:ニュージーランド、3位:オーストラリア、4位:スイス、5位:アイルランド、6位:台湾、7位:英国。
ほか、20位:米国、23位:日本、24位:韓国。
2019年まで26年間トップの座にあった香港は、経済政策が中国政府の管理下にあると判断され21年から対象外となったとのことです。
なお中国は全体の107位で「不自由な国」に分類されています。
ワースト3は、176位:キューバ、177位:ベネズエラ、178位:北朝鮮。
近隣の東南アジア諸国では、22位:マレーシア、42位:タイ、56位:インドネシア、57位:ブルネイ、がフィリピンよりも高いランキングとなっており、90位:ベトナム、118位:カンボジア、141位:ラオスなどは低くなっています。
フィリピンは「規制環境がビジネス活動や投資の両方にとって、あまりにも官僚主義的でコストが高い」「政府は汚職を効果的に抑え込むことに失敗している」と問題を指摘されています。
以前からフィリピンは汚職天国といわれており、ドゥテルテ大統領も汚職撲滅のために動いているようですが、あまり効果は出ていないようで、その点をズバリ指摘されてしまいましたね。


2021-03-10
【タール火山の警戒レベルが2に引き上げられる】
以前住んでいたタガイタイはタール火山の麓にあります。
2020年1月に噴火したタール火山ですが現在警戒レベルは2になっています。
このまま噴火せずに沈静化することを願っています。


2021-03-11
【正副大統領選挙ペア人気調査、ゴー=ドゥテルテペアが首位】
正副大統領選挙の候補ペアについての調査が行われたようです。
その結果、先日お伝えしました、ドゥテルテ大統領の右腕と呼ばれるボン・ゴー上院議員を大統領に、現職のドゥテルテ大統領を副大統領にする、ゴー=ドゥテルテペアが、32%でトップでした。
2位、グレース・ポー上院議員=ビセンテ・ソット上院議長:23%、3位、ボンボン・マルコス元上院議員=マニー・パッキャオ上院議員:17%、ラクソン上院議員=モレノ・マニラ市長:11%、ロブレド副大統領=パギリナン上院議員:6%
なお今回の調査では、サラ・ドゥテルテ氏は除外されています。
大統領選挙にサラ・ドゥテルテ氏が出馬しないとしたら、ゴー=ドゥテルテペアも十分にありえるという調査結果ですね。
先日ボン・ゴー上院議員単体だと大統領候補としては7位という調査結果が出ていました。
サラ・ドゥテルテ氏が一番人気なのも、現職のドゥテルテ大統領人気の影響が大きいと思います。
大統領選挙人気調査では、ドゥテルテ大統領の人気の高さが伺い知れますね。
なおボン・ゴー上院議員自身は、出馬には否定的なコメントを出しております。


2021-03-12
【新規感染者数の増加止まらず、今年の最多記録更新】
3月11日の新規感染者数は、3749人で今年の最多記録を更新し、昨年9月19日以降の約6ヶ月でも最多となりました。
首都圏はGCQですが、バランガイ(最小行政区分)単位での封鎖が増えていると聞いています。
経済的にギリギリの中、歓迎できない状況が続いております。


少しでも当校、バギオ、フィリピンのことを身近に感じていただけると幸いです。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


いかがでしたか?


フィリピンの事が良く分かる記事がたくさんありましたね!


うわさでは何やら今年の7月にフィリピン留学が再開とか。。。


どこから話が出たんでしょうね~


フィリピン政府が「7月に日本人の一般観光客の受け入れを再開する」と言ったのでしょうか?


そんなことは一切ありません。


ただのうわさです。


一つ言えることは、いつ再開するかまだ分からないという事です。



ワクチンが一気に広まり、フィリピンが一般の観光客を受け入れ、学校も再開できる準備が整えばいつでも再開できます。5月でも6月でも。


しかし、フィリピン政府が一般観光客の入国を許可しない限りは、いくら語学学校の受け入れが可能になっても留学はできません。8月でも9月でも。


ですので、まずはおそらく日本でワクチンを打った後、フィリピンの感染者が大幅に少なくなり、ビザの発給ができるようになればですね。


うわさに惑わされず、しっかり自分で情報を集めましょう。


まずは、うわさやどこか一企業のブログ・ホームページではなく、各国政府が出している情報を確認しましょう。


ご不明な点がありましたら弊社ライフアブロードまでお気軽にお問い合わせ下さい。


今回はここまでにいたします。


ライフアブロード α(アルファ)




A&Jニュースレターはこちらから



A&J TOPページ



バギオ留学ページはこちら



セブ島留学ページはこちら



フィリピン留学TOPページはこちら



オンライン留学はこちら


 

お問い合わせページはこちらをクリック



 

メールアドレス:info@lax-s.com



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  
2021年03月14日 16:48