留学・ワーキングホリデー・海外生活・オンライン留学(英会話)
LIFE ABROAD 0円留学 無料 手配・相談 / 格安留学|全国・名古屋駅前

0円留学、無料留学カウンセリングのご予約や電話相談は ☎10時~21時 お問合せメールは24時間365日受付しております。
☎:050-6868-4850

HOMEブログページ ≫ オーストラリア、ビーチの40%が消滅の危機? ≫

オーストラリア、ビーチの40%が消滅の危機?

オーストラリア留学 ワーキングホリデー メルボルン グレートオーシャンロード 名古屋 岐阜 留学会社

みなさん、こんにちは。


今日もどこかでゲリラ豪雨が降っていると思いますが、気を付けて下さいね。


急に暗くなったり、冷たい風が吹いてきたらゲリラ豪雨が近づいている目安となるようです。


確かにとても暑い日にもかかわらず、急に暗くなったり、冷たい風が吹くときが稀にありますよね。


そんな時はなるべく早く屋根のある目的地へ向かうなどして対策して下さいね。


さて、今回は気になる記事を見つけましたのでここでご紹介します。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



オーストラリア、ビーチの40%が消滅の危機?海岸侵食で。


調査によると、オーストラリアは世界で最も海岸侵食の影響を受けている国で、1万1426kmの海岸線が脅かされ、ビーチの40%が消滅の危機にある状況とのこと。


気候変動による海面上昇や高潮の増加、防潮堤建設や都市開発、潮流の変化など様々な原因が組み合わさって影響を及ぼしている。


さらに海岸線から3km以内、海抜5m以内に70万軒の家が建っていて、観光だけでなく生活への影響も懸念される。


記事中ではビクトリア州のアポロベイ(グレートオーシャンロードの一部)やニュー・サウス・ウェールズ州バイロンベイのメインビーチ、クイーンズランド州ゴールドコーストのパームビーチ、西オーストラリア州フリーマントルのポートビーチなど、海岸侵食の影響が出ている「行くなら今のうち」のビーチや海岸も紹介されている。



: Traveller より

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


いかがでしょうか。


私も行ったことのある地域が含まれています。。。


とても素敵な海岸でしたが、もう見れない海岸が出てくるかもしれません!


気候変動やさまざまな要因があるようですが、やはり美しいオーストラリアの海岸をなんとしても残すことができないんでしょかね。。。


私の行動一つで何が変わるわけではありませんが、その小さな一つ一つが大きくなりやがてオーストラリアの海岸を守り、世界の環境が変わることを信じてコツコツとやれることをやって行こうと改めて考えることができました^^


皆さんも自分一人の力は何の役にも立たないと思わずに、小さなことからコツコツと行動を起こすことことができるよう祈っております。


では、今回はここまでにいたします。



 

オーストラリア留学・ワーキングホリデー、オンライン留学(オンライン英会話)のご相談はライフアブロードまでお気軽にお問い合わせ下さい。


ライフアブロード α(アルファ)




オンライン留学はこちら



オーストラリア留学・ワーキングホリデーはこちら


 

お問い合わせページはこちらをクリック


 

メールアドレス:info@lax-s.com


全国、名古屋駅前
無料 0円留学 / ワーキングホリデー / 2ヵ国留学 / ジュニア・親子留学 / オンライン留学
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フィリピン、ベトナム
全国からぞくぞくとお申込み・お問い合わせいただいております。
直接カウンセリングでも、お電話・メールでの相談も可能です。
ご相談・カウンセリング料の無料はもちろん、申し込みの際の手数料も無料ですので安心してお問い合わせ、お申込みください!

 

 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 
2021年07月15日 13:40